エラ削りの手術のおかげで憧れの顔になりました

小顔マッサージなんて意味がない

友達のような小顔になりたいと思いインターネットなどで調べてみました。
調べてみると、小顔になる方法やエラを目立たなくする方法などが紹介されています。
今すぐにでもできる方法を見つけたので試してみることにしました。
最初に試したのは小顔マッサージという方法です。
マッサージをして顔の筋肉を鍛える方法ですが、いくら試してみても顔は小さくなりません。
小顔になる体操も試してみましたが結果は同じでした。
転がしているだけで小顔になるという美顔ローラーも試しましたが、角ばった顔に変化は見られません。
いろいろな方法に挑戦している時、エラ削りという美容整形を受ける決意をさせたのはアルバイトの面接です。
友達と一緒に面接を受けましたが、可愛らしい顔をした友達は採用され角ばっている私は不採用でした。
面接の時に写真と私に顔を何度も見比べていた店長の様子は、今でもハッキリと覚えています。
角ばった顔のままでは希望する会社に就職できないと考えたため、学生のうちに美容整形を受けようと考えました。
決意をしても心配になることがあります。
手術をするためとはいえ、顔に傷が残ることはどうしても避けたいと考えました。
美容クリニックのカウンセリングで傷のことを相談すると、エラ削りの手術をしても顔には傷か残らないと言うことです。
先生の説明をよく聞くと、顔の外側から手術をするのではなく口の中から下顎の骨を削る手術をすると説明されました。

エラが目立だつと顔がでかい : 小顔マッサージなんて意味がない : 骨を削らないと輪郭は変わらない不都合な真実