エラ削りの手術のおかげで憧れの顔になりました

エラが目立だつと顔がでかい

エラが目立だつと顔がでかい : 小顔マッサージなんて意味がない : 骨を削らないと輪郭は変わらない不都合な真実

私の憧れは、女の子らしい小さな可愛らしい顔になることです。
テレビを見ていると、女性アイドルや女優のような顔になりたいと考えてしまいます。
現実の私の顔は、憧れには程遠い大きな顔です。
顔の大きなことは小さな頃から感じていた私のコンプレックスでした。
小学校の卒業アルバムには、隣に並んだ女の子よりも大きな顔の私があります。
顔が大きく感じるのは、大きさだけが原因ではありません。
顔の輪郭が角ばり魚のエラのように見えてしまうためです。
同じクラスの友達は、女の子らしい角のない丸みを帯びた形をしています。
小学校の卒業写真には、角ばっている私の顔がとても目立つため見たいと思う気持ちが湧きません。
顔に魚のようなエラがあることは、小学生の時だけではなく中学生や高校生になっても大きなコンプレックスとなり私を悲しませていました。
高校生になると流行りのファッションをしたいという気持ちが大きくなります。
ファッション雑誌に掲載されているお洒落な服を着ようと考えても、エラのある顔を思い出し似合うわけがないと着る前から諦めていました。

エラ削りエラ削りの失敗例