職場も自宅もローマ字入力の設定にする

今や一家に一台ともされているパソコンは、インターネットでの情報収集や書類作成に便利な代物です。今では高校や大学の授業に情報という科目が組み込まれ、パソコンの使い方や書類作成ツールの使用方法などの勉強もあるようです。

パソコンを使う場合、その使用方法をしっかり理解していることも大切です。それと同じくらい大切なこととして、文字入力をするタイピングをしっかり習得していることも大切なのです。文章を作ったりインターネット上で検索を掛けるときに、キーボードを使用することは不可欠だから、タイピングができることもパソコンを使う条件になってくるのです。

タイピングの方法は二通りあります。より一般的なのはローマ字入力です。キーボードにはアルファベットとかなが書いてあり、アルファベットの方を利用して入力を行います。例えば「わたし」と入力する場合には、「watashi」などと入力します。

もう一つの方法がかな入力であり、キーボードに書いてあるかなを入力します。「わたし」と打ちたければそれぞれの文字が書いてあるキーボードを3つ押すだけです。二つの方法がありますが、この方法を両用する方はかなり珍しいと思います。

どちらかの入力で慣れている方は、もう一方の入力にはかなり苦労することと思います。可能であれば、ローマ字入力を使用することをおすすめします。なぜならば、ローマ字入力でそれぞれの英字の場所を認識することができ、英字や英文の入力をするときなどにも流用できるからです。

タイピングに自信がないという方は、タイピング練習用のホームページなどを利用して練習を重ねることをおすすめします。検索エンジンでタイピング、練習などと調べると色んなサイトがでてきます。例文などが出てくるので、それを入力するという作業です。

入力の速さや正確性などを図ることができ、他人と競うことや前回の記録との比較などもできます。楽しくタイピングの練習をすることで、パソコンの利用効率も格段に上がっていくことでしょう。